WiMAX 2+サービス提供エリアピンポイント判定方法

WiMAX2+エリアピンポイント判定のやり方

 

 

WiMAX 2+のサービス提供エリアの判定は
プロバイダ各社の公式サイトからも可能ですが

 

ここでは、WiMAX回線を所有・拡充している
UQコミュニケーションズでのエリアの判定方法を紹介します。

 

プロバイダ各社はUQから回線を借り受けて(MVNO)
WiMAX 2+のサービスを提供していますから

 

サービスエリアはUQホームページから判定してみればOKですよ。

 

あなたのご自宅や職場、学校など
しっかりWiMAX2+のエリア判定をやってみてくださいね!

 

必ずピンポイントで調べておきましょう。

 

UQコミュニケーションズの公式ホームページへアクセス

 

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

     (クリックで日本地図が開きます)

 

 

WiMAX 2+エリア日本地図

 

 

WiMAX2+が選択されているのを確認して
ピンポイントエリア判定をクリックします。

 

 

WiMAX 2+エリアピンポイント判定

 

 

ここで住所を入力する欄(番地・号まで)に
あなたがWiMAXを利用すると考えられる場所

 

自宅、職場などの住所を番地・号まで正確に入力します。

 

WiMAX2+のサービス提供エリア判定のポイントは
住所を番地や号まで詳しく入力して判定することです。

 

契約したものの、インターネットに接続できない・・などの
トラブルを避けるためにもここは大切なポイントですよ!

 

このような判定結果が表示されれば
WiMAXのサービスが提供されているエリアとなります。

 

 

WiMAX 2+エリア○

 

 

圏外と表示されれば、まだWiMAXのエリアではありません。
従って契約することはできませんね。

 

 

WiMAX 2+エリア圏外

 

 

その他、○〜△とか

 

 

WiMAX 2+エリア○〜△

 

 

△の微妙な判定の場合も多々あります。

 

 

WiMAX 2+エリア△

 

 

微妙な判定結果が出た場合には

 

UQコミュニケーションズのサービス
トライワイマックスなど活用してみるとよいでしょう。

 

Try WiMAXとは端末が無料でレンタルできて
自宅や職場で実際に接続テストができるサービスです。

 

トライワイマックス

WiMAX 2+を契約する前にテストができますので
いざ、契約するときの不安が解消されますよね。

 

私は契約前の接続テストを強く推奨します。

 

トライワイマックスの概要はこちらの記事で

 

○と判定が出た場合でも事前にテストをしておくと

 

契約するときに安心できますからぜひTry WiMAXを使ってみてください。

 

あるいは、友人や知り合いにWiMAXユーザーがいたら

 

手伝ってもらう、端末を借りるなど
テストに付き合ってもらう方法でも大丈夫ですよ。

 

 

 

このページの先頭へ戻る